auひかりキャンペーンは代理店によって大きく異なります。どこから申し込むのが最もお得かをしっかり調べてから契約しましょう!

auスマートバリューを申し込む前にしっておきたいこと

   Uncategorized   

auでは、スマートバリューというサービスがあります。家電量販店のauコーナーや、auショップに行くとほぼ必ずと言っていいほど、スマートバリューという言葉が飛び交い、加入を勧められると思います。よく分からないもので、自分は関係ないとお思いではないでしょうか。

スマートバリューは、auをお使いなら非常に便利なシステムです。現在、一家に誰かひとり、一台はスマートフォンがあるという時代です。スマートフォンの便利さを知ってしまうと、スマホが無い生活や、手放すということが考えられないぐらいだと思います。しかし、スマートフォンの料金の高さは一番の問題として、悩みの種になります。

簡単に言うと、スマートバリューに加入したらスマートフォンの料金が安くなるのです。さらにそれは、1台につき最大2000円、最大10台まで対象になります。これはスマートフォンに限らず、ケータイでもプランによって対象になります。

 

auスマートバリューは携帯とインターネットのセット割

このスマートバリューと同時に加入するのが、auひかりです。

マンションタイプなら月3000円台、一戸建てならおよそ5000円台となりますが、他社と比べたら安価な方かと思います。そして、なんと家庭にスマートフォンが2台あり、マンションタイプのauひかりに加入していれば、スマートバリューによってauひかりの料金が実質無料になるのです。もちろん、スマートフォンの台数が増えれば、割引金額の方がインターネットの料金を上回っていきます。

auの携帯電話、光回線を使っているというときには非常に便利な、ほぼ必須と言ってもいいサービスだということです。

 

ただ、現在は他社を使っていて、解約するには違約金が発生するから変えられないという方も多いと思います。しかし、乗り換え返金サポートというキャンペーンをやっていることがあります。これは乗り換え時に他社に支払った違約金などの費用をauが負担してくれるというものです。

 

もちろん、ADSLではなくフレッツ光などの光回線を使っていれば、配線工事は不要でそのまま使えますので、工事はほぼ要らずにモデムの交換だけで済みます。もし工事が必要というときでも、1時間ほどで済みます。

 

また、スマホには高速データ通信に制限がかけられています。この制限はお金を払うことで上限を上げたり、大量の通信に対応できるプランにするなどの方法がありますが、それは非常に重い負担になります。

 

しかし、auひかりにしたら自宅でWi-Fiが使えますので、それを利用すれば通信制限を抑えながらスマホをフルに使い続けることができます。何も気にせずに動画や音楽を楽しむことができるので、パソコンは一台しかないがスマートフォンは一人一台持っているというご家族などには、すごく重宝すると思います。通信制限がかかった時のストレスはとてもつらく、うっとうしいと思います。

 

auひかり、スマートバリューに興味があればまずは家電量販店やお近くのショップに行ってみてください。また、インターネットで検索したら毎月の料金の試算などもできるので、是非活用しましょう。

いくら安くなるといっても自宅のインターネットの回線を変えるのは、意外と勇気がいると思います。申し込みなどに時間がかかったという経験があれば、なおさら抵抗があると思いますが、店員さんなどはそのことを十分にくみ取ってくれるはずです。

不安なことがあれば店員さんに聞いてみて、見積もりをもらってください。そして、家で家族の方などとともにもう一度考えてみるのがおすすめです。

これは申し込み月の翌月から適用されるので、早いほどお得だと思います。さらに、固定電話を使っているという方は、auひかりにすると、全国の同じauひかりの固定電話を使っている方にかけた場合に通話料が0円になります。おじいちゃん、おばあちゃんの家が固定電話という家庭には非常に便利だと思います。ただし、番号案内サービスもありますが、場合によっては現在の番号を引き継げない場合もあるので注意してください。

通信費の節約につながる!

固定電話を使っていて通信費が家計を強く圧迫しているとか、安くしたいという時には唯一無二の選択になると思います。子供がスマートフォンを欲しがっているというときにもおすすめです。

ただ、似たようなサービスは他社にもあるので、少しややこしい感じはあるかもしれません。他社と比較をしてから決めるのも良いと思います。自分の家庭にあったサービスを、吟味、検討して選びましょう。おそらく、auショップの店員さんも嫌な顔をしないで丁寧に教えてくれると思いますよ。通信費は、家庭によってはバカにならないほど払っているというものです。少しでも抑えられるなら、是非抑えておきたい出費です。

Have any Question or Comment?

Comments are closed.