auひかりキャンペーンは代理店によって大きく異なります。どこから申し込むのが最もお得かをしっかり調べてから契約しましょう!

auひかりの初期費用について|工事費を無料にできるキャンペーンなど

   キャンペーン   

家を購入した、引越しをしたなどの理由で新規で自宅にインターネットを引こうと考える際、どこの会社を使うとお得なのか、どこが使いやすいのかといくつもの会社を比較検討する人が多いと思います。

その中でauを候補にする人は多いのではないでしょうか。
では、実際にauひかりを自宅に引く場合、工事費や諸費用はいくらぐらいかかるのか、詳しくご紹介していきます。

 

インターネットを自宅に引くには「工事費」がかかる

 

インターネットを自宅に引き込むには専門の業者による工事が必要です。
今の便利な世の中なので、申し込みをすればすぐに使えるようになるイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、実際には光ファイバーを自宅に引き込む工事が必要となります。
一昔前には「工事費無料」が当たり前だった時代でした。一昔前までは光ファイバーよりもISDNやADSL回線が使われていて、光ファイバーに移行し始めた頃は契約回数確保のため多くの企業が工事費無料キャンペーンを打ち出し、実際に工事費無料で初期登録作業ができていた時代があります。

そのイメージを今も持っている人は「工事費がかかるの?」と抵抗感を感じる人が多いと思いますが、auひかりの場合は工事費はかかるのですが「実質工事費無料」をキャンペーンで受けることができます。

 

「実質」工事費無料とは?

 

では、「実質」とはどのようなことなのかというと、auひかりの場合はズバリ工事費はかかります。
戸建てタイプの場合は37,500円、マンションタイプでは30,000円です。

実際、この費用は請求書に載り契約者は払うことになるのですが、実質的には払わないで良いようキャンペーンが作られていて、それが「実質無料」ということなのです。
そしてその具体的な内容は戸建てに対する工事とマンションに対する工事で条件が変わってきます。

 

戸建てタイプの実質無料キャンペーン

 

戸建てタイプの場合は新規引き込み工事にかかる費用は37,500円です。
「そんな高いの?」と驚く人もいるかもしれません。
でも、auひかりのインターネット契約とひかり電話を同時契約すると1,250円を30カ月にわたり割引されるキャンペーンがあるのです。この割引総額は37,500円となり、実質工事費は全てカバーされることになります。

ひかり電話は月々500円の基本料金がかかりますが、多くの人は自宅に固定電話を持っています。実際にインターネットと同時に加入する人が多数の為、ほとんどの人がこの実質工事費無料の恩恵を受けています。

ただし、1,250円を30カ月にわたり料金請求時に割引されるというシステムなので、継続して30カ月以上契約していないと実質無料にはなりません。
以前は工事費無料としている業者が多かったのに対して、現在では無料ではなく実質無料としてauひかりのようなシステムが増えているのは、完全に工事費無料にしてしまうと初期のキャンペーン時期のみ利用して短期で解約する人が後を絶たなかったからと言われており、現在は完全無料で行っている業者はほとんどないのです。
このシステムでは30カ月未満で解約してしまうと工事費の一部は支払わなければなりませんが、30カ月以上契約できれば実質無料でとてもお得なのです。

 

マンションタイプの実質無料キャンペーン

 

一方、マンションタイプでは工事費は30,000円です。
戸建てタイプよりもリーズナブルで、割引も1,250円を24回にわたって割引する形となります。
つまり、マンションタイプの場合は24か月以上契約していれば実質工事費無料で利用できることとなり、戸建てに比べて引っ越す確率が高いであろうマンションタイプの方が条件は甘い設定となっており良心的な配慮が成されています。

また、戸建てタイプは同時にひかり電話の加入が割引の条件となっていますが、マンションタイプの場合は電話に加入しなくても割引を受けることができます。
ちなみに引越しをする場合には、引越し先でもauひかりを利用する場合は「実質無料」は継続されます。残債が残っている場合は一度その費用を一括支払いする必要はあるのですが、その後利用料金からその費用分が割引になる形で相殺され、新たな引越し先でまた30カ月または24カ月にわたって1,250円が割引されるようになります。

 

このようにauひかりは継続して利用できれば工事費は実質無料となるお得なサービスが存在しています。
その他に契約時にかかる費用は特に発生しません。
初回月には工事費と毎月の利用料金が請求されますが、同じ請求書に1,250円の割引も乗ってくるため、実際支払う料金は毎月の利用料金のみということになります。
一昔前の光ファイバー普及時は工事費無料や契約時から3か月は利用料金無料などといった華々しい割引があったものですが、現在では実質無料が主流となっており、プラスαの初回請求項目もなく、利用料金のみを支払うという明朗会計のシステムとなっています。”

Tagged with:

Have any Question or Comment?

Comments are closed.